top of page

育成と結果



 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷ビルドアップ→❸セットプレー

 

【keyfactor】

・くさび

・連動

 


ビルドアップのトレーニングとセットプレーの確認を行いました。

ビルドアップでは

それぞれの役割(個性)を理解し

自分の強みを活かしたプレーを

自信を持って選択できるようにすることが目的です。


だいぶ『今』やるべきことが見えてきて

チームとして精度が上がってきているように感じます。


完全に個々のストロングポイントにフォーカスした

前向きなトレーニング方法ですが

短期決戦の大会に向けては

最も良い方法です。


今回のワールドカップを見てても

強いチーム、良いチームが勝つわけではなく

アルゼンチンのように再現性の低いサッカーであっても

決勝まで残ることができ

逆にスペインやブラジルのような実力のある完成度の高いチームが

理由を説明するのが難しい負け方をします。



それはジュニア年代ではもっと如実に出ます。

正しいこと(育成)をすると

結果は離れていき

勝つ為のサッカーをすると

ジュニアの間だけの選手になってこともあります。


だから勝たなくていいではなくて

勝つことで選手達の自己肯定感が高まり

特にこのアカデミーにいる選手達にとっては

勝つことは大事なことだと思っています。


育成と結果

その両方を実現する為に

2年間は向き合ってきました。

日産カップはそれを示す位置づけなので

選手、保護者の皆様を喜んでもらいたいと思います。


U8の選手達が目標となるような

彼らの為にも

悔いのないように1日1日過ごして

良い状態で大会に入りましょう!




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page