top of page

習い事文化の発達と問題点

フィジカルクラス(横浜)



今日のテーマは【クロスフィット】でした。

Tre①、Tre②ともクロスフィットトレーニングで

体力的にはかなりハードな内容だったと思います。


クロスフィットを行うことで

走る・起き上がる・拾う・持ち上げる・押す・引く・跳ぶなど

サッカー的な要素を超えて、身体能力の向上に繋げることができます。


現代の子供達は外で遊ぶ時間が減ったことにより

運動能力が落ちたことがデータでも証明されているようです。

確かに、サッカーの上手い子供は増えましたが

運動能力のある子供は少なくなっている印象を個人的にも受けます。


習い事の文化が発達し、子供達は休みなく

様々な分野でスペシャリストが専門的なノウハウを教え

子供達は自ら考えることなく、言葉のシャワーを浴び続けます。

そうすると、その分野の能力は伸びますが

最も大事なことが養われなくなってしまうのではないでしょうか。


もっと根本的な問題があるのではないか?

そう思って取り入れたのがクロスフィットでしたが

数ヶ月やってみて効果はすごく感じています。


例えば陸は、フィジカルクラス以外でプレーを見させてもらっていますが

サッカーのプレーの中で、フィジカル的な強さ

そして、速さが活かされるようになったと感じることが多くあります。

それが余裕を生んで技術的な向上にも繋がっています。


クロスフィットはあまりFUNの要素がなく

選手達にとっては辛いトレーニングかもしれませんが

精神的にも、フィジカル的にも、自信を少しでもつけていってほしいと思います。


今日のMVPは、、、尚志!!👏

素晴らしいクイックネスとトレーニング理解度でした👀

どんどん力をつけてきています😄👍








ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page