top of page

反復が無意識を生む


 

【menu】

❶w-up→❷基礎トレーニング→❸4vs2→❹4vs4+4→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・トランジション時のポジショニング

 

トレーニング前にみんなで仲良く遊ぶ選手達。

かなりテンションが高い中でスタートし

w-upは切替えができずに集中力を欠いてしまいました。



トレーニング❷からは緊張感のある中でプレーできていました。

常に相手から遠い方の足でプレーすること

動き出しのタイミングについて選手達にポイントを伝えました。

何人かの選手は意識して取り組むことができています。



考えて、意識して、失敗して

その繰り返しが無意識を生みます。

無意識に正解を選択できるようになるまでは

何度でも言い続ける必要があります。



ポゼッションのトレーニングではスペースがなく

状況が小刻みに切替わる中でのプレーだったので

なかなかボールが収まらず悪循環に嵌ってしまいました。

所々、ボールが落ち着く場所を選べるパスもあったので

その回数を増やしていけるよう継続していきたいと思います。



既にご連絡させて頂きましたが

選手達に自主トレーニングをしてもらえる時間を作りました。

この時間を有効に使って

自分のスキルを高めていってほしいと思います。

最近はサッカーに興味を持ちはじめた選手も多くなってきたので

急がず大切にその気持ちを育てていきます。










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page