top of page

神経の結びつき

対人強化クラス。


今日は実戦で使えるボールタッチを行いました。


試合で起こり得るシーンを想定して

派手ではないですが実践的なタッチが2種類と

神経細胞の結び付きの量を増やすためのタッチを2種類行いました。


アカデミーでも日曜日に行ったので

2回目の選手も多く

日曜日よりは良くなっている選手がいました。


デモンストレーションを見て

それを真似できるのも能力です。

例えば映像を見て大体どんな風に身体を動かせば良いか

神経細胞の結び付きの多い選手はすぐに具現化できます。


より多くの神経を結びつけることが

このクラスの役割だと思います。


対人トレーニングでは

間合いについて話をしました。


選手によって間合いは変わるので

自分の間合いを見つけることが重要です。


「近過ぎる」

「少し遠い」

「重心の逆を取れていない」


1回1回確認しながら

調整していくことで間合いを見つけられます。


ただなんとなくやるのではなく

『確認』しながらプレーしましょう。


今日のMVPは、、、海凪!!👏✨


海凪:7

対人トレーニングでは

間合いをはかるのが上手く

緩急もあって相手の重心をずらすことができています。

シュートのタイミングも良くなってきました。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page