top of page

相手を揺さぶる

横浜校(プリマ)



今日のテーマは【サイドチェンジ】でした。

逆方向へボールを動かすトレーニングです。


サッカーはスペースを如何に制するかということが重要なスポーツです。

どこにスペースがあるのか

プレー中は常に意識して

スペースを有効に活用したチームがゲームを優位に進めます。



良くジュニア年代でありがちなのが

狭いスペースを強引に突破することですが

海外ではジュニア年代であっても

大人と同じようなサッカーを求められ

そういったプレーは評価されません。


今日のトレーニングでは

横に長いピッチを作り

相手との枚数はどうか?

どこにスペースがあるのか?

それを意識しながらプレーさせました。


サイドチェンジは早ければ早い程良いです。

ジュニア年代なので

1本でサイドチェンジは難しいので

真ん中を経由することになりますが

しっかりと止める蹴るができて

その動作を早くすることができれば

早い展開が作れます。



サイドチェンジで相手を横に揺さぶれば

必ずギャップが生まれるので

そのギャップを逃さないようにしましょう!

今日のMVPは、、、生!!👏✨

ミスをした後に

良く修正できていました👀

状況を見て賢くプレーすることができれば

もっとチャンスを作れる機会が増えていくはずです😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Yorumlar


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page