top of page

相応しい振る舞い



フィジカルトレーニングを行いました。

心拍数を上がった時に、基礎レベルを落とさない為トレーニングでした。


ですが、、、心拍数を上げて行う前に

まずは基礎のレベルがもう少し上げないといけない選手がいます。

基礎なしの応用は必ず躓くので

まずはしっかりと基礎レベルを上げないといけないと感じました。



基礎は反復トレーニングなので

何度も同じ動作を繰り返し行って身体に感覚を刷り込んでいきます。

それはサッカーが本当に好きでないとできないことなので

楽しい応用はできるけど、基礎ができない選手が多くいます。



もっと基礎に目を向けさすことが大事なので

どれだけインサイドキックやトラップがサッカーにおいて大事かを、選手達に話しました。


今日、新しいユニホームを渡しました。

今シーズンのトップチーム(プロ)と同じ仕様のものを用意してもらいました。

ペルージャは100年以上の歴史がある、イタリアでも重要なクラブの1つです。

イタリアにはこのユニホームに憧れる沢山の選手達がいます。

このユニホームが着れることに誇りを持って

ペルージャの選手に相応しい振る舞いができるようにしましょう!


ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page