top of page

相反する2つのこと



新木場校(フィジカル&エリート)



今日のテーマはフィジカルクラスが【心拍数の高い中での技術】で

エリートクラスは【クロス】でした。


フィジカルトレーニングでは、心拍数の上がった状態でボールをコントロールするトレーニングを行いました。

ボールを扱う部分は基本的なものですが

それを脈拍が上がった状態で行うのは非常に難しいことです。


疲労があると、判断と技術が一気に落ちてしまいます。

普段ならエラーが出ないところでエラーが出てしまうので

心拍数が上がった時こそ頭を止めず、正確にボールを扱えるようにしましょう!


エリートクラスでは、縦への突破から速いクロスボールを中に入れるトレーニングでした。

このトレーニングはサイドでの突破からのクロスを想定して作ったので

スピード感が非常に重要です。


フィジカルのトレーニングで心拍数が上がるとスキルが落ちると伝えましたが

スピードも同じことが言えて、スピードが上がると当然スキルを発揮するのが難しくなります。


サイドでの突破はスピードが上がった状態で上げることが多いので

スピードを最大まで上げた状態での設定にしました。


クロスチームとシュートチームに分け

本来なら味方同士の2つを敵同士にし

クロスチームはグラウンダーで指定のエリアにクロスし

シュートチームに決めさせなければ勝ち

シュートチームはクロスをゴールに繋げたら勝ちというルールでトレーニングしました。


クロスチームはシュートを決められないように

必然的にクロススピードを上がります。

シュートチームはその速いボールをゴールに決める為に最後までボールに集中が必要です。


相反する2つのことが

結局はお互いの為になる特殊なトレーニングです。

決められないように

速いクロスボールを意識して入れることができて

質の高いトレーニングができていました👀


今日のMVPは、、、ルイ!!👏✨

クロスの精度、スピード

キックのバリエーションも増えてきました😄👍






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page