top of page

目線を上げる

U10のトレーニングマッチが行われました。

できるだけバックパスを減らし、前線にボールを運んで

高い位置で攻撃的にプレーすることをテーマにしました。

攻撃面においては、特にフィニッシュの精度の低さと

オフサイドラインが見れていないことが課題でした。


フィニッシュまだその段階にないのでいいとして

オフサイドはラインを意識すればなくせることなので

その原因が

①ラインが見れていないことなのか

②体力的に戻れないのか

③その両方か

いずれにしてもオフサイドはもったいないので

前線でプレーするときは常にラインを意識するよにしましょう。

ここ最近は緊張感のある中でのパフォーマンスの低下が課題でしたが

今日は違った意味で空気が緩くなってしまい

最後の試合では開始5分間は集中力がない軽率なプレーが目立ちました。


自分に意識が向いていないので

相手のペースに合わせてしまって

スピード感がなく判断も遅くなってしまいました。


もっと目線を上げて

自分に高い目的を持ってプレーしなければいけません。

ここから先は、どこで誰が見ているか分からないので

どんな試合であってもベストを尽くして

全部出し切って後悔のないプレーができるようにしましょう。


怪我で試合に出れなくても応援に来てくれた詠心や

下のカテゴリーの一翔が見にきてくれたり

先週の木曜日は諒祐が見学に来てくれていたし

このような行動はチームとして非常に大事なことで

例えプレーができなくても選手達にはチームの状況が伝わりますし

離脱している選手と顔を見て話せる事はとても嬉しく安心もします。

自分の子供が出れないにも関わらず

遠くまで送迎してくださった保護者の方々

本当にありがとうございました!

次は夏のキャンプに向けてしっかり準備していきましょう!

暑くて体調を崩しやすくなっているので

体調管理に気をつけてください。

また今週のトレーニングでお会いできるの楽しみにしています。





ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

チャレンジとサポート

『駆け引き』をテーマにトレーニングを行いました。 数的優位のポゼッションで 相手の状況に合わせて サポートするのか それともチャレンジするのか 状況判断しながらボールを動かすトレーニングです。 数で勝っている状況なので 駆け引きで負けなければロストはないし 相手にダメージを与える脱出の仕方も作れます。 技術的な改善点はまだまだありますが 「サッカーを知る」と言う意味で 何が良いプレーで 何が良くな

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page