top of page

目標が熱を生む


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷4vs1→❸6vs4→❹6vs3→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・トライアングルを作る

・展開のタイミング

 

大会も決まりモチベーションが高まってきました。

みんなやる気に満ち溢れています。



基礎トレーニングでは自分自身に負荷をかけることを伝えました。

自分をどれだけ追い込めたか?

楽して勝っても得られるものはありません。



4vs1のポゼッションではシンタとアイが15分のトレーニングで1度しかボールロストしませんでした。

初めは2人ともボールと自分との関係性しかありませんでしたが

最近は全体を見てバランス良くプレーできるまで成長しました。



2人やマサトもそうですが

ドリブルが武器の選手は

それを活かす為に全体を捉えるバランス感覚を付けると

さらに個性が活かすことができます。



リョウタやヒロマサは個性と全体のバランス感覚がうまく使い分けられています。



目標があるとトレーニングに熱が生まれます。

選手達の充実感がある顔が見れて安心しました。

土日は大会に向けてのトレーニングもしていきたいと思います。













ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page