top of page

甘いと言われても


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷1対1→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・スピード

・間合い

・フェイント

 

昨日に引き続き1対1のトレーニングを行いました。

昨日はただやっただけでしたが

今日はポイントを押さえながら

頭を使っての対人プレーでした。



基礎とポゼッションもみんな大好きですが

やはり1対1(ドリブル)で上手く抜けた時の感覚って特別で

すごく楽しそうにトレーニングしていました。



今はまだ上手い選手達とは差があって

勝てない部分も多くありますが

今の実力差なんて何の関係もないことを知っています。

大切なことは近道することではなく

しっかりと段階を踏んで育成すること。



基礎トレーニングが楽しい!

ポゼッションが楽しい!

ドリブルが楽しい!

アカデミーの選手はみんな何をやっても楽しんでくれます。


どれだけ上手くても

「今日練習するの嫌だな、、、」

そう思わせてしまった時点で育成は失敗です。


今日、トレーニングが終わってからクリスティアーノが

「コーチ、いつシュートを教えてくれるの?」

そう目をキラキラさせながら言ってくれました。

「もう少し基礎とドリブルができたらやろう!」

そう言うと「あー早くやりたい!!」って走って帰って行きました😄



練習して練習して練習して

『根性』と言う根拠のないもので正当化して

それは上手くはなるんだけど

ジュニアで活躍してJ下部行って

県大会で優勝して全国大会で優勝して

その後、燃え尽きて消えていった選手を何人も見てきました。


そのタイプで成功する選手って少ないんです。

ジュニアユースになる頃にはお腹いっぱいで

サッカーへの意欲がなくなってしまいます。


僕は甘いと言われても子供達をサッカー漬けにはしたくないと思ってます。

友達と遊ぶ時間、家族との時間、学ぶ時間

人生を親や他人ではなく自分自身でデザインしてほしい。


子供の内にいろんなものに触れて

大人になった時にサッカーが上手い選手ではなく

一流の人間になってほしいというのが1番の願い。

その中でサッカーというツールがあって

その部分で僕が子供達に伝えられることを全て伝えていくことが

自分の人生の役割であってアカデミーの存在意義かと思います。











ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page