top of page

理解するまで言い続ける



今日から新学期がスタートしました。


みんな良い春休みを過ごせたようで

元気に参加してくれて何よりです。



トレーニングのテーマは『浮いてるボールのトラップ』でした。

今回のイタリアキャンプで行っていた

イタリアのペルージャで行っているメニューを少しアレンジしたトレーニングになります。

FUNの要素も強いメニューなので楽しそうでしたね!


新学期から新しいメンバーも沢山増えて

当然、まだアカデミーのやり方に慣れていないので

上手くプレーできないこともあります。



プレー面は続けていくことが大事で

アカデミーのトレーニング(質)と

自ら何かなりないか考えて

自主的に行うトレーニング(量)が必要です。


プレー面よりも大事なことは

1人ひとりの人間性を育てることだと思います。



新しく入ったメンバーは

集中力だったり

トレーニングに対しての取り組み方が準備できていないので

理解するのに時間がかかります。


人間が1つのことを完璧に理解するまでに

統計的には500回は伝え続けなければいけないそうです。

すごく根気が要りますね。



500回は少し大袈裟であるように感じますが

経験上、10回や20回ではないことは確かです。


伝わりにくい子供の特徴として1つ考えられるのは

普段から

「そんなことやっても無駄だ」

「どうせできっこない」

そう考えてしまう否定的なマインドを持ってしまっている選手が多いと感じます。



既にアカデミーで長い選手達は

前向きなマインドを持てるようになっているので

失敗に対して怖がらないし

「俺ならできる」と考えられるようになっています。


それは常にポジティブで

トライすることが許される環境作りをしてきて

選手達が「失敗してもいいんだ」

と言うマインドを持っているからだと思います。



子供の頃に「〜しちゃダメ!」と

自分の行動に制限をかけられるような言葉をかけられ続けると

子供は親や先生の言うことが絶対になり

いつの間にか考えなくなってしまいます。


皆さんも子供に

「何度言ったらわかるの」

という感情を子供に抱いたことがあるかと思います。



そんな時は「たった10回しか伝えていないのか・・まだまだだな」

そう思える心の広さを持って子供と接するようにするといいかもしれません。


今日のMVPは、、、大峨&風佳!!👏✨


大峨:7.5

トラップとパスの精度

トレーニングへの取り組み方

ゲームでの勝負強さ

どれも素晴らしい内容でした。


風佳:7

ゲームではハットトリックの活躍でしたね。

ゴール前での積極性が増してきて

特徴であるフィジカルの強さも発揮できる場面が増えてきました。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:178回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page