top of page

球際が良くなった

フィジカルトレーニングを行いました。

クイックネス向上と回復力をテーマにトレーニングしました。

サッカーはマラソンのように

ずっと同じペースでは走らないので

スプリントした後にどれだけ早く回復できるかが重要です。


ずっと同じペースで走ることを目的としたトレーニングと

ペースが変わる走りかたをするスポーツでは

トレーニングの内容は大きく異なります。

今日はダッシュと休憩(またはジョグ)を繰り返し

心拍数をどれだけ早く落とす為のトレーニングを行いました。

試合でも、U11はだいぶフィジカル的に良くなってきて

最後まで走れるようになってきました。

球際の部分でも

1歩足が出なかったところが

力を振り絞って出るようになったり

ちょっとしたことですが

これは本当に大事なことなので

どんどんと足が出る選手が増えてきています。

U8はボールタッチを中心に

ボールを使ったトレーニングを行いました。


今、彼らに必要なことは

ボールとの親和性を高めること。

フィジカルを高めるよりも

沢山ボールを触って技術をつけていきましょう。


今週末は大会があるので

U8は結果ではなく1試合でも多く良い内容の試合ができるよに

U11は内容も大事ですが、結果が出せるチームになっていきましょう。

明日はお休みとなっておりますので

お間違えのないようにお願い致します。

では、土曜日の大会でお会いできるのを楽しみにしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page