top of page

現代の子供達を取り巻く環境



フィジカルトレーニングの日でした。

10月から2ヶ月間はクロスフィットトレーニングを続けます。

先々週、先週と、行ってきていますが

強度と内容を理解できてきたので

以前よりスムーズにトレーニングが進められて

時間配分も効率的になってきています。



現代の子供達は外で遊ばなくなった(忙しくて遊ぶ暇がない)ので

昔、僕達がやっていたような外遊びで自然とつけてきた体力作りを

トレーニングとして提供する必要があります。



運動神経が良くない子供が多いのは

外で運動することがなくなったことが原因だと言われています。

確かに、サッカーの技術は格段に上がりましたが

サッカーが上手いのに運動神経が良くない子供を多く見ます。



そこはイコールだった僕ら世代とは明らかに違った現象で

今の子供達を取り巻く環境の特徴だとも言えるのではないでしょうか。



神戸のアカデミーではフィジカル面で大きな成果を得ました。

来年、横浜のアカデミー生は当時の神戸のアカデミー生の年齢に差し掛かります。

彼らと比較する意味はありませんが

強度という意味で同じようなトレーニングを行える年齢になるし

その準備段階としてこの1年があったことは大きなアドバンテージだと感じます。



いろんなチームからお褒め頂けることが多くなりました。

でもまだまだ土台作りの段階で

彼らはもっと大きな成長をしていきます。

フィジカルトレーニングはその土台の大事な部分なので

継続して行っていきましょう!








ペルージャジャパン

河井コーチ




閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page