top of page

狭いエリアで個性を発揮する選手


 

【menu】

❶w-up→❷基礎トレーニング→❸1対1→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・相手の逆をとる

・基礎のベースアップ

 

設定が難しいトレーニングでしたが

良く理解してプレーできていました。

話を聞く力がついてきましたね。



狭いエリアでの1対1を行いました。

これまでスペースのある中での1対1はやってきました。

スペースのある状況だとスピードがある選手が強さを発揮しますが

狭いエリアになるとテクニックがある選手が強くなります。



ユヅルやシンタ、リョウタは相手の逆を上手くつけていました。



試合ではサイドからの意図的に崩せるシーンが多くなってきましたね。

来週の試合でも使えるように繰り返しトレーニングしていきましょう!










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page