top of page

気持ちやアクションをリンクさせる



明けましておめでとうございます。

今日からアカデミーがスタートしました。



休み明けなので

U12はゆっくり長い距離を走りました。

日産カップが近いので

トレーニングしていると思っていましたが

身体が重たい選手が多かった印象です。



まだ日にちがあるので

しっかり戻していきましょう。

明日もできれば身体を動かすようにしてください。

ボールを使ったトレーニングより

心肺機能を上げるランニングを中心にやってください。



日産カップでの目標を掲げたので

気持ちやアクションをそこへリンクさせていきましょう。



誰かに言われてやるのではなく

自ら主体性をもって取り組めたら上手くなるときですね。



U9は親子サッカーでした!

保護者の方や兄弟、高学年の選手も参加してくれて

楽しい時間を過ごすことができました。



保護者の方と子供が一緒にサッカーをすることによって

実際にプレーすることの難しさを体感してもらえたと思います。



ピッチの外から見ていると

『なんであんなミスをするんだ』

『ちゃんとパスを通せ』

など、口を出したく思ってしまいがちです。



しかし、ピッチの中に入ってみると

外から見るの実際に中でプレーするのとはまるで違います。

サッカーの楽しさだけでなく

難しさの側面も体感してもらい

子供に対してのアプローチを

より子供達に寄り添ったもになってもらえたら嬉しく思います。

 



今日のMVPは、、、岳、カイリ&漆畑パパ!!👏


岳:7.5

ランニングではかなりハイペースに追い込めていました。

速いから評価しているのではなく

自分のベストを尽くしているところが評価基準です。

苦しい時に頑張れる岳はとても信頼できる選手です。


カイリ:🙌🙌🙌

幼稚園生ながらスーパーセーブ連発!

ボールを全く怖がらないので

高学年のシュートにも逃げずに向かっていきます。

サッカーを続ければすごいキーパーに成長することは間違いないです👀


漆畑パパ:👏👏👏

正確なパスやディフェンスのポジショニングが素晴らしかったです。

子供達みんなに優しく接して頂きありがとうございました!





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:93回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page