top of page

気付いたら言うことの難しさ



FUNメニュー、基礎、スライディングをテーマにトレーニングしました。


トレーニングメニューを考える時

スクールとアカデミーでの違いはありますが

基本的には週毎に新しいメニューを入れるようにしています。



それは単純に選手達が飽きないようにという理由と

選手達に考えさせ、緊張感を生む意味でも

この15年間ずっと続けてきています。


おかげで我々はかなりのバリエーションを持っており

ペルージャ本部のトレーニングメソッドにも

ペルージャジャパンのトレーニングがいくつも採用されています。



ただ、コーチのレベルはメニューの良さで決まるものではありません。

むしろ、現場で何ができるかの方が大事だと思います。


選手のコンディションやモチベーション

グラウンドの状態

天候(気温)

トレーニング時間


様々な要素で臨機応変に対応しなければなりません。


そして最も大事なことは『気付いたら言う』事です。

当たり前のことですが、これが結構難しいのです。



例えば子育てにおいて

間違いに気付いたとしても

瞬発力がなかくて「まぁ、いいや」って思う事はありますよね。


それと同じで、流れの中で間違えに気付き瞬時に指摘するのは

結構なスキルと判断力が必要です。

1つひとつに反応する事はかなり難しいことです。


選手達のプレーに対して感じたことを拾って

「ナイスプレー」といった気持ちに訴える意見も

「もっとこうした方がいい」というテクニカルな意見も

できるだけ伝えるようにしています。



それもコーチだけでなく

選手達同士で言えるような環境作りを意識しています。


選手達は常に「見られている」と意識させることが

個々のレベルを上げるには必要です。


言葉や行動に理由を持つ環境を作ることで

思考するようになり

考えが育ち主張ができるようになってほしいと思っています。


今日のMVPは、、、海凪&諒祐!!👏


海凪:7

基礎技術が高く

意識して自分に負荷をかけてプレーできています。

まだ強度の高い相手に対しては

重心が後ろになりがちですが

どんな相手にも十分やれるので

強い気持ちを持ってプレーしましょう。


諒祐:7

パススピード、キャンセル力が良く

ゲームの中で味方のポジショニングのミスがあっても

個人の技術でためを作ったり

1枚剥がすこともできています。






ペルージャジャパン

河井

閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page