top of page

残念だったこと

トレーニングマッチを行いました。


フットサルルールで慣れないこともありましたが

それを言い訳にせずに

自分達の取り組んでいることにフォーカスして戦いました。


U12は前からのトップの選手がプレスをかけ

サイドハーフが高い位置を取って嵌められていました。


アグレッシブなディフェンスは良かったですが

決定機を決めきれない場面が多く

前回よりは対応はできましたが

結果的には目指していたような結果は得られませんでした。


それでも明日に向けて

ディフェンスの仕方の確認や

スペースのない中でのプレーができたことは

すごく良い調整ができたと思います。


U9も高い位置で嵌めることを目指しましたが

全員が共通の意識を持てていないので

簡単に崩されてしまっていました。


それよりも、勝負に対して本気になれていないことが

この試合で残念だったところです。


ただサッカーを楽しむことも

それは素晴らしいことだと思いますが


本気でなければ

本当の楽しさやスキル

人間力は磨かれないと思います。


その1番大切な部分が

今回の試合では伝わってこなかったことが課題です。


試合の中で改善していけた部分もあったので

次に繋がると内容だったと思います。


今日のMVPは、、、諒祐&大峨!!👏


諒祐:7

高い位置でのボール奪取が多く

インターセプトに行く判断が素晴らしかったです。

積極的な姿勢がチャンスを生んでいました。


大峨:7

気持ちが全面に出たプレーが多く

精神面でもプレー面でもチームを助けていました。

良いシュートも何本か打てていましたね。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:116回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

チャレンジとサポート

『駆け引き』をテーマにトレーニングを行いました。 数的優位のポゼッションで 相手の状況に合わせて サポートするのか それともチャレンジするのか 状況判断しながらボールを動かすトレーニングです。 数で勝っている状況なので 駆け引きで負けなければロストはないし 相手にダメージを与える脱出の仕方も作れます。 技術的な改善点はまだまだありますが 「サッカーを知る」と言う意味で 何が良いプレーで 何が良くな

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page