top of page

次のステップ

ボールを使ったフィジカルトレーニングを行いました。


フィジカル(アジリティー)でスピード感と心拍数を上げながら

ボールを正確にコントロールするトレーニングです。


スピードに意識が行き過ぎでタッチが雑になったり

疲労からボールへの意識が薄れたりすることがあるので


常にスピード感と疲労感のある中で

意識をボールにしっかりと乗せるようにしていきましょう。

Tre②ではゲームを行いました。

最近はゲームの時間を増やし

サッカーをサッカーで上手くするという

難しい課題に取り組んでいます。

ゲームは最も良いトレーニングですが

取り扱いを間違えると

最も価値のないトレーニングになってしまいます。

特にジュニア年代は

大人がある程度コントロールしないと

ただ楽しいだけになりがちなので

常に目的を与えて考えさせながら行うことが大事です。


U11に関しては

選手個々がある程度自立しているので

正しい雰囲気でゲームをすることができています。

U8はコーチが常に声をかけ続けないと

まだコントロールできないので

注意しながらゲームをする必要があります。


今日も充実したトレーニングができました。

今週末は大会があります。

日産カップが終わり

モチベーションが下がってしまっていないでしょうか?

それぞれの目標を今一度確認して

次のステップに向かって頑張りましょう!



ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page