top of page

次に繋げる



基礎とフィジカルを行いました。

3月末から4月にかけてオフがあり

新しい選手も入っていたので

原点に戻ってしっかりと基礎のベースアップを図っています。


止める、蹴る、走る

ジュニアからプロまで

終わりのなく続く永遠のテーマです。

このジュニアの内にどれだけ基礎を高められるかは

今後のサッカー人生においてとても重要になってきます。


基礎があれば

どんなサッカーにも対応できます。

ジュニアの内のヨーロッパの選手はテクニックはありませんが

徹底して基礎をやるので

多くの選手が可能性を残りた状態で

ジュニアユースへと繋げることができます。

これが我々の大きな役割だと考えています。


今日はフィジカルと基礎を組み合わせたトレーニングを行いました。

疲れている状態でトラップとパスをします。


このトレーニングは

止める位置、出す位置に

どれだけ拘ってできるかで

意味合いが大きく変わります。


数センチ単位で狙いを持って止めるのか

何となく止めるのか

自分自身にしかわからない部分です。

そこを意識して自分を追い込めるかが

基礎レベルの向上に繋がってきます。

基礎を徹底的に極めて

自分の個性をどんな状況でも発揮できる選手になりましょう!



ペルージャジャパン

河井

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page