楽な方に逃げない


【menu】

❶3vs1→❷3vs1(ドリブル突破ルールあり)→❸3vs1+1→❹6vs4→❺ゲーム

【keyfactor】

・プレッシャーのある中でのポゼッション


グリッドをいつもより縦横2歩縮めて

狭いエリアでハイプレスの中でのポゼッションを行いました。



最後にディフェンスの選手はペナルティーがある設定なので

ディフェンスも必死にプレスをかけるし

いつもより小さなグリッドなのでボールを動かすのも難易度が高かったです。



この間の試合でもプレッシャーがかからなければ

正しい判断ができてポゼッションができていましたが

ハイプレスになると気持ちの余裕がなくなって

技術というより判断ミスが多くなっていました。



試合では『楽な方に逃げないように』ということを伝えました。

やりやすい相手とプレーした方が簡単だし

楽に試合に勝てるかもしれませんが

それに何の意味があるのか?

いつも試合になると普段のプレーができないのは

自分に甘いのではないだろうか?



みんなの心に少し響いたようで

試合では高いインテンシティーを保って

いつも以上に味方をリスペクトしながら

自分に厳しくプレーできる選手が多くいました。



今日もまた1歩前進できいたような

そんな手応えがあるトレーニングでした。

毎回何か心に響くようなことを

感じとって帰ってもらえたらと思っています。












ペルージャジャパン

河井コーチ

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon