top of page

楽な方に逃げない


 

【menu】

❶3vs1→❷3vs1(ドリブル突破ルールあり)→❸3vs1+1→❹6vs4→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・プレッシャーのある中でのポゼッション

 

グリッドをいつもより縦横2歩縮めて

狭いエリアでハイプレスの中でのポゼッションを行いました。



最後にディフェンスの選手はペナルティーがある設定なので

ディフェンスも必死にプレスをかけるし

いつもより小さなグリッドなのでボールを動かすのも難易度が高かったです。



この間の試合でもプレッシャーがかからなければ

正しい判断ができてポゼッションができていましたが

ハイプレスになると気持ちの余裕がなくなって

技術というより判断ミスが多くなっていました。



試合では『楽な方に逃げないように』ということを伝えました。

やりやすい相手とプレーした方が簡単だし

楽に試合に勝てるかもしれませんが

それに何の意味があるのか?

いつも試合になると普段のプレーができないのは

自分に甘いのではないだろうか?



みんなの心に少し響いたようで

試合では高いインテンシティーを保って

いつも以上に味方をリスペクトしながら

自分に厳しくプレーできる選手が多くいました。



今日もまた1歩前進できいたような

そんな手応えがあるトレーニングでした。

毎回何か心に響くようなことを

感じとって帰ってもらえたらと思っています。












ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page