top of page

最終的には個の力

ラ・テクニカ(川崎)


今日のテーマは【マークを外す】でした。

相手のマークを外してボールを受けるトレーニグです。

サッカーはチームスポーツであって

チームとしてどう戦うかが重要なスポーツです。

ただ、ゴールを生み出すのは

レベルが高くなればなる程

最終的には個の力に頼ることが多くなります。

良いディフェンスのチームを崩すには

1人のアイディアとそれを実行できるスキルが必要です。

ラ・テクニカでは1人で打開する力や

決定的なプレーに繋がるテクニックを磨くクラスです。

ボール感覚は、時間をかければかける程

磨かれて良くなっていきます。

特にこの年代でどれだけ時間をかけられるかで

今後の感覚に大きく影響を与えていきます。


今日は多くのアカデミーの選手も体験で参加してくれました。

ドリル的な繰り返し行うトレーニングなので

集中力を保ちながらやることが難しいと思いますが

みんな向上心があって非常に充実した内容となりました。

この手はトレーニングは継続が大事です。

続けていけば必ず良くなっていくので

もし『状況を1人で打開する武器』がほしいと選手は

是非ラ・テクニカをご検討ください!


ご入会をご希望の場合は

LINEにてご連絡お待ちしております🙇‍♂️


今日のMVPは、、、蒼!!👏✨

蒼は最もボールタッチのトレーニングができている選手です👀

ドリブルスピードも最も速くできていましたね😄👍



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page