昨日の経験が良かったと言えるように


【menu】

❶ファンメニュー→❷6vs4→❸2vs2→❹ゲーム

【keyfactor】

・相手との間合い


映像分析からて出た課題の修正を行いました。

課題は下記の3点。


①間合い

②エリア内でのシュート

③サイドからセンターへのパス

上記の3点にフォーカスしてトレーニングを行いました。



①は間合いを引きつけ過ぎによる重要な場面でのロストが多かったので

物理的な距離感と


ロストへの危機察知とうう判断(メンタル面)の2方向からアプローチしました。



ロストに対する危機感は選手によって様々で

危機感がある選手も、ない選手もいて

逆にあり過ぎるのも良くないです。



適度にチャレンジ精神を持ちながら

ロストに対する十分な危機感を持ってプレーしましょう。


振り返った時に、昨日の経験が良かったと言えるように

溢れ出た問題を整理して成長していきましょう!




ペルージャジャパン

河井コーチ

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon