top of page

明確な原理原則と基準

U8はトレーニングマッチでした。

横幅を大きく使うことをテーマにしました。

オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり

ワイドのポジションを取ることで

センターハーフにボールをつけることができ

そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。

この年代の選手達はまだ何が良いプレーで

何が良くないプレーなのかの判断ができません。

ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と

声をかけてあげることが大切です。


そのプレーが成功するか

失敗するかは今は大事ではなくて

チームとしてどこを目指していて

どんなサッカーがしたいのか

明確な原理原則と基準を設けて

選手達に正しいサッカー観を持ってほしいと考えています。

ディフェンス面に関しては

まだポジショニングが良くないので

裏を取られたり

フリーを作ってしまうシーンがあるので

そこは簡単に修正できることなので

選手達と明日話して意識を変えていきたいと思います。


全員のそれぞれ素晴らしいプレーがありましたが

特に藍玖の自信に溢れたプレーが印象的でした。

課題だった判断も良くなっていて

ボールの持ち方には雰囲気があります。

教えられることではないので大事にしてほしいです。

悠貴も良く周りが見れていて

良いパスが何本も通せていました。

最近はトレーニングでも楽しそうにプレーしていることが以前より多く

挨拶もしっかりできるようになって

内面から変わってきているように感じます。


日に日に成長していく

U8を見れることがとても楽しみですし もっと長い時間を共有して 沢山の経験をさせてあげたいと感じています。

明日は朝が早いですが

今日の課題を踏まえて

充実した1時間にしましょう!

本日は遠くまでお越し頂きましてありがとうございました!!



ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page