攻守の連環


【menu】

❶縄跳び→❷3vs1→❸4vs2→❹3vs2+1→❺ゲーム

【キーファクター】

・トランジション (切替)


トレーニングの前にヒロマサが酸素カプセルに入りました。

初めての経験に少し緊張気味でしたが問題なく20分入れました。

明日以降も順番にご案内していきます。



サッカーは4つのフェーズに分割することができます。

①オフェンス

ネガティブトランジション(攻→守の切り替え)

③ディフェンス

④ポジティブトランジション(守→攻の切り替え)

今日はその中でもトランジションにフォーカスして

もっと素早く行うように伝えました。



サッカーの試合の中で全得点の75%は

『1プレー局面中、10秒以内、1~5本のパス』の条件下から生まれています。

「奪ってから相手ゴールまで迫るスピード」がチームの勝敗を決するということです。



ハイレベルの相手になればなるほど

組織的に守られたディフェンスを崩すことは簡単ではありません。



今日は少しトランジションの意識が低く

なかなかポゼッションが進まない場面が多くありました。

途中からは素早くトランジションができていたと思います。



明日の試合ではトランジションを強く意識して

スピーディーな展開で得点を奪えるシーンを増やしたいと思います。


本日もトレーニングにお越し頂きましてありがとうございした。

明日は15時〜バディ施設内にてトレーニングマッチとなりますので

時間に余裕を持ってお越しください。












ペルージャジャパン

河井コーチ

51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon