抜け道を網羅した完璧なナビゲーション


【menu】

❶w-up→❷基礎トレーニング①→❸基礎トレーニング②→❹6vs3→❺ゲーム

【keyfactor】

・次のプレーの予測

・基礎技術


トレーニング前のミーティングで

昨日のトレーニングマッチを振り返り

それぞれがちゃんとレベルアップできていること伝えました。



このアカデミーをスタートした時

「現段階での実力は全く関係ない」という持論を話しました。

今でも良く選手達には使う言葉で

全員にチャンスがあって

今は一線ではなかったとしても

頑張り方次第では立場が入れ替われるという意味を込めています。



でも、どれだけ頑張ったとしても

他と同じやり方では、運動能力が高い所謂既に上手い選手達に勝てません。

そこにクオリティーを加えるのが僕達の仕事であり

頑張っている選手達に希望を与えることができます。

これまで継続してきて、上手くいかなかったことが

少しだけ形になってきたと感じます。



真っ直ぐな道をヨーイドンならフェラーリには勝てませんが

行先のわからない道ならどうでしょうか?

フェラーリが走れない悪路でもランクルなら走れるし

フェラーリが走れない細い道路の抜け道もN-BOXなら楽々

フェラーリは何度も給油が必要ですがプリウスならノンストップです。



どれだけ状況に応じて必要なプレーを選択できるか

瞬時に判断する能力、実行する為の技術

選手のクオリティーとは引き出し多さだと思います。

まだまだフェラーリやポルシェに対抗するには時間がかかりますが

しっかり進んで、しっかり曲がって、しっかり止まれる車に

抜け道を網羅した完璧なナビゲーションを積む作業は順調に進んでいます。













ペルージャジャパン

河井コーチ

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon