top of page

戦術的駆け引き

U10は午前はキッズリーグ

午後はリバプールとのトレーニングマッチでした。


新年度になってから初めての試合で

新しく入った選手達の特徴を知ることがテーマでした。


トレーニングでは何度か見ましたが

試合の中で新しい課題も沢山見つかり

今後に向けて何に取り組んでいかないといけないか

今日の試合で明確になりました。


これまでは選手間の競争がありませんでしたが

人数が増えたことで

お互いを高め合う環境を作ることができます。


まずは試合に向けての姿勢だったり

チームとしてのマナー

戦術的な部分を覚えていきましょう。


U12はリバプールとのトレーニングマッチでした。

序盤から積極的なディフェンスがハマり

高い位置でのボール奪取からフィニッシュまでもっていけるシーンが多くありました。


途中、相手に対応されて崩されてしまいましたが

それに対してどうこちらが対応するのかを選手達と話し合い

試合の中でアジャストできたことは

今後に向けてすごく良い成功体験になったかと思います。


ヨーロッパにルーツに持つチーム同士で

しっかりとサッカー(育成)ができるチームだったので

試合に勝負論があり

お互いに戦術的な駆け引きができて

やっていて非常に楽しかったです。


今日のMVPは、、、凉丞&生!!👏✨


凉丞:7

何度もチームのピンチを救うセービングがあり

キーパーとして一皮剥けつつあります。

積極的に声も出るようになってきて

少し自信もついてきたのかと思います。

イタリアでの経験が凉丞を成長させてくれました。


生:7.5

体力的に厳しい中で

最後まで良くプレスをかけ続けました。

途中からはコースの切り方も良くなり

行くところと、行かないところの判断も素晴らしかったです。

ゴールに絡むプレーも多くあり

生らしい見ている人をワクワクさせるプレーが

随所で発揮できていましたね。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page