top of page

憂鬱を吹き飛ばす1本

フィジカルクラス(川崎)



今日のテーマは【シュート】でした。

先週に引き続き

フィジカル+シュートをテーマにしたトレーニングでした。


今週の日産カップでは

拓奨が50mを独走してゴールを決めました。


驚いたのは

50mを独走した後に

インサイドでコースを狙って

強いシュートを打てたことです。


大人でもあれだけのインテンシティーの中で

冷静に強いインサイドを蹴ることは難しいのですが

しかも公式戦の大事な場面で成功させました。


フィジカルクラスで

心拍数を上げた後に

シュートを打つトレーニングをしてきました。

想定したシュチュエーションで

トレーニング通り、それ以上のシュートが打てたことは

拓奨がどんな場面でも力を抜かず

1本1本全力でダッシュをしてきた成果です。


指導者をやっていると

選手達の成長が見れて嬉しい瞬間がありますが

あの1本のシュートは

妥協できない憂鬱なトレーニングを考える仕事を

喜びに変えてくれるには十分過ぎるシュートでした。


今日もまた

『次の1本』の為に繰り返し憂鬱な仕事を続けます。

選手達はそれに全力で向き合ってくれていました。

次に憂鬱を吹っ飛ばしてくれるのは誰なのか

楽しみにしています。



今日のMVPは、、、拓奨!!👏✨

ダッシュの後でも落ちないシュート精度はさすがでした😁👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page