top of page

意見が食い違い



 

【menu】

❶ポゼッション→❷2タッチゲーム→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・ディフェンス時のポジショニング

 


ゲーム形式のトレーニングを中心に

3vs1、4vs2の後は、エリアによってタッチ制限を設けた5vs5を行いました。



これまでは、相手のゴール付近では意図的に外を切り

ボールを中心に運ばせる切り方をやってきましたが

今日は今までとは異なり、CF(センターフォワード)が軽くプレッシャーをかけ

その間に他の選手はラインを下げ、中に絞り

相手が仕掛けてきたタイミングで奪いに行く戦術を教えました。


この戦術はCFのプレスのかけ方が重要で

奪いにいかず、ドリブルをさせない絶妙なポジショニングを撮る必要があります。

今日はこの役割をクリスティアーノ、生、風佳で試しましたが

みんな良く理解してポジションを取れていました。



特にクリスティアーノは運動量が抜群で

後ろの選手が取り所をはっきりさせやすく

非常にこの戦術にフィットできていたと思います。



蒼は少しスタートのラインが高いので

もう少し低い位置から守れると裏を取られる心配がなくなります。

オフェンスはどんどん良くなっているので

ディフェンス面の課題もクリアしていきましょう!



途中、拓奨と綾太がゲームの中で意見が食い違いましたが

どちらの意見も正解であって、どちらかが合わせる必要のあるシーンでした。

2人とも責任感があって、ディフェンスに対する考え方も育ってきているからこそ

食い違いが生まれたわけであって、すごく成長を感じました。


もっと多くの選手が、この2人ようにどんどん自分の考えを主張して

ぶつかり合うことができれば、このチームは更に良くなります。



昨日のトレーニングの時に話したことを

ノートに書いてきてくれる選手がいました。

今日のトレーニング中に起こった衝突もそうですが

こうして選手達の考えが見えることは

コーチにとってもチームにとっても有意義なことです。

だからと言って、義務にしたいとは思っていなくて

書いてもいいし、書かなくてもいい。

大事なのは伝えたいという気持ちや、自分の中で考えを整理すること。

その方法の1として、ノートに書いて見せてくれるのは良いことですね!



明日の試合も良い内容のプレーができるように

今日、これからしっかりと準備していきましょう。

ユニホームや荷物は自分で用意するようにしてね😄👍





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Комментарии


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page