top of page

強さのバロメーター



フィジカルトレーニングの日でした。

選手によってかなり差が出てきました。

詠心や拓奨はフィジカルクラスでもやってますが

殆どの選手が同じトレーニングを同じ量やっていますが

能力とは関係のない部分で違いが出てきています。



自分を追い込める選手

自分に甘えが出てしまう選手

先週達が辛いと感じた時に、どう行動するか

いつも興味深く観察しています。



例えば諒祐や拓奨のような責任感を持っている選手は

決して手を抜かずに最後まで地を張ってでもやり抜く強さがあります。

このタイプの選手はオーバーワークになどでなりがちなので

怪我を気をつけてストップさせることに気をつけます。



「どこが痛い」

「しんどい」

そう言える選手は見極めが必要です。

精神的なものなのか、本当にできないくらい痛みがあるのか。

殆どの場合が前者ですが

焦らなくていいと伝えるか

次は頑張ろうと思えるように話しかけるようにしています。



体力はトレーニングで向上させることができます。

どれだけ自分に負けなかったか

その積み重ねが確実に力となって現れます。

心の強さのバロメーターだと思います。

自分に負けそうになった時程、『強くなれるチャンス』だと思って

1歩でも前に進めるように頑張りましょう!






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page