top of page

常にアドリブが効く状態

川崎校(エッチェレンツァ)


今日のテーマは【基礎と間接視野】でした。

基本的なスキルを行うと同時に

相手がどこにいるのか、どこにスペースがあるのかを

間接視野で確認するトレーニングです。



サッカーはどこから相手が来るのか

どこにスペースがあるのかが

常に目まぐるしく変わるスポーツです。

ただ、止める

ただ、運ぶ

そこに判断がなくても十分に難しいのですが



判断の伴った状態で

どれだけ正確に止められるか

どれだけ正確に運べるのか

それができる選手が『技術のある選手』だと言えます。


狙ったところに正確に蹴れる

コーンを綺麗にスラロームできる

それができるのは素晴らしいことですが

それが試合で通用するかというと、そこは全く別物です。



試合には相手がいて、状況が変化し

常にアドリブが効く状態を求められます。

必要な時に必要な技術が発揮できるかが大事です。


今日は基礎技術の中で、相手の動きを見て

ボールを進める方向を変えるトレーニングを行いました。

オーガナイズ自体はシンプルで誰でも理解できるものですが

実際にやるといくつかのことを同時進行で行うので

見た目以上にすごく難しそうでした。



今日のMVPは、、、拓奨!!👏

判断の中でのトラップができていました👀

拓奨の得意な分野で素晴らしいスキルだと感じます😁👍




ペルージャジャパン

河井コーチ



閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page