実践の中でつける技術



【menu】

縄跳び→パス&コントロール→3vs1→4vs2→ゲーム

(キーファクター)

①サポートの位置

②動き出しのタイミング

③トラップorダイレクトの判断



今日はポゼッションを中心にトレーニングを行いました。

雨で先週はトレーニングがなかったのでポゼッションを覚えているか心配でしたが

時間が経つにつれて感覚が良くなってボールが動くようになっていました。



昨日も感じましたが、みんなが球際を意識して強くいけるようになり

ゲームでも激しいプレーが多くなってきました。


ユヅルは今日も良いディフェンスができていました。

タツミは集中できている時間が長く

課題の運動量もいつもより多く走れていました。



ポゼッション中で止める蹴るを繰り返すので

実践に近い形で技術も基礎的な技術もつけてきています。

判断のない単純技術トレーニングより

実践の中でつける技術の方が試合で効果的に技術を発揮できます。



今日もご参加いただきありがとうございました。

また明日もよろしくお願いします。












ペルージャジャパン

河井コーチ

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon