top of page

失敗しても良い環境

フィジカルトレーニングを行いました。

先日、リーグ戦で強いチームとの試合がありました。

ボールを支配される時間が長く

ポジショニングを修正する場面が多くありましたが

最後まで運動量は落ちなかったし

体力的には互角に渡り合えていたと思います。

また、守備のところの強度も高く

技術的な差は大きかったので

現時点では守りようのないプレーもありましたが

その前に試合をしていたチームと比較しても

我々の方が粘り強く組織的に守れていたと思います。

毎週、フィジカルトレーニングを行なっていることで

試合に良い影響を与えていると感じました。

ただ、この試合のように

大事な場面で力が発揮するというメンタル的な点においては

課題が残りました。

プレッシャーのない相手に対してのパフォーマンスは全く参考になりません。

大事な局面において

どれだけ自分の特徴が出せるのか

神経質にならずに、臆せずに

いつも以上のプレーを出す為には

普段のトレーニングから120%で行うことや

取り巻く大人が常に自信を持たせて上げることが大事だと思います。

子供は状況を冷静に受け入れることができません。

アドバイスや指摘の仕方によっては

気持ちの向く方向がネガティブになります。

子供が失敗して親の顔を見るようになったら

それは非常に良くない状況です。

今回、イタリアへ行った際に

ペルージャのトレーニングセンター内に

保護者が入れないようになっていました。

その理由を聞くと

「親が子供に余計なアドバイスをしてしまうと選手が育たない」と言っていました。

育たない、というのは、心のことを指しているのだと思います。

ペルージャのコーチ達のアプローチを見ていると

選手達が「失敗しても良いんだ」と思えるような環境を作っていて

堂々としていて、萎縮することはありません。

大事な場面で「俺ならできる」と思わせてあげられるように

子供達に自由にプレーさせてあげてほしいと思います。

常にポジティブな面を拾ってあげて

「俺ならできる」を育てていきましょう。



ペルージャジャパン

河井

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page