大喧嘩できるのは素晴らしいこと



フィジカルトレーニングの日でした。

クイックネスのトレーニングでは

セリエA(1位と2位)はヒロマサやクリスティアーノでした。

2人は自分に厳しく決してズルをしないし

正々堂々と勝負して自分を追い込むことができています。



ズルして勝つなら一生懸命やって負けた方が次に繋がります。

ただ、ズルしてでも強く勝ちたいというのは

今までになかった感情で

みんなが勝負に対して執着心を持つようになってきているのは成長だと思います。

更に高め合っていけるグループになるよう次のステップに向かいましょう!



最後のゲームでも非常に高い意識を持ってプレーできている選手が多くて

それに引っ張られるように全体が底上げされています。



試合をしていて相手チームと比較してみて

アカデミーの選手達はフィジカル的に強くなってきていると実感します。

毎週、厳しいトレーニングを乗り越えていきいているので

選手達と話していても自信がついてきているように感じます。



「最近俺たち強くなってきた」

「試合しても負ける気がしない」

「アカデミーはボールを動かせる」

選手達からこんな声も聞けるようになってきました。



挨拶や後片付けは当たり前にしてくれるようになったし

全員が人に優しくできるようになってきました。

たまに大喧嘩もしてますが(笑)

それはそれで良いと思います。

しっかりと考えがあって意見をぶつけ合うことは大事なこと。

自分の考えもないのに喧嘩はできないので。


サッカーを通じて自分に自信をつけて

魅力的な人間に成長していってほしいと思います。

コーチも選手達に負けないように自分を磨いていきます!

本日もありがとうございました。









ペルージャジャパン

河井コーチ

66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon