top of page

大会2日目



大会2日目。

1日目の結果を踏まえて

ミーティングの中で3つの修正点をあげました。

①ラインを上げ過ぎない

②攻撃に幅を持たせる

③目標設定


①はラインを上げてタイトにマークについたことで

今回のチームは全て相手FWの選手にスピードがあったので

インターセプトできなかった時に大きなリスクを背負いました。


相手が4年生であれば

あそこで攻撃を潰せるのですが

対人で勝る相手に対しては

ある程度間合いをとって1対1にならないシュチュエーションを作る必要がありました。


2日目は、何度か危ないシーンもありましたが

ラインを上手くコントロールして

相手との間合いをだいぶ改善できたかと思います。

②は攻撃が遅れて相手が枚数をかけて下がってしまった時や

サイドハーフの選手がボールを持った時

①と同じでパワーもスピードも相手が勝る場合は

強引にドリブル突破を試みてもチャンスは作れません。


後ろで組み立て直すことだったり

サイドで足元で受け、中を経由して再び外を崩すであったり

攻撃にバリエーションを持たせました。


左右にボールが動くようになったことで

フリーでエリア内に入ることができるシーンが増え

良い形でシュートを打つことができました。


③については、どこに目標設定を置くか

選手達との話し合いの中で

目の前の試合、ワンプレー毎に全力を出すこと

チームとしての目標、個人的な短期的、長期的な目標を再確認しました。

大会を通して、結果は満足できるものではありませんでしたが

キャンプでしか得られない成長ができたと感じています。


まだまだ足りていない部分も明確になリましたし

一回りも二回りも成長した選手もいます。


今日は疲れていると思いますので

ゆっくりと休ませてあげてください。

2日間、現地にサポートに来てくださった保護者の皆様

本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。


ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:104回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page