top of page

基準を上げる


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷ダイレクトパス→❸2vs1(ダイレクト)→❹ポゼッション


 

【keyfactor】

・トラップ基準を高める

・ダイレクトの質

 

トラップとダイレクトプレーのトレーニングを行いました。

「自分が次のプレーをしやすい位置」を知り

ボールを置く位置に徹底的に拘るように伝えました。


ボールは少しでも動けばミス。

ピタッと正確に止める。

チームとして、トラップの基準をどこに置くかを話しました。

その基準を下回る、つまりボールが動いてしまうトラップは全てミスです。

すごくシンプルなトレーニングですが

物凄く奥深くて難易度が高く

まだ全員が基準までいけていません。


ダイレクトプレーに関しては

前回のU11の試合で感じた課題で

試合の中でもっと攻めの姿勢を持たせたいと思っています。


バックパスは最後の選択で

まずはボールを前に運ぶことを優先して

わずかなギャップでも通せるようにするには

ダイレクトプレーの精度は欠かせません。

相手がハイプレスの中でも

冷静に判断して、ダイレクトで前に運べるようにするトレーニングでした。


まだ精度を上げていかないといけませんが

選手達も楽しそうだし

まずはダイレクトプレーに対して

前向きな気持ちを持てることが大切です。

その意味では今日のトレーニングは成功だったかと思います。

今週末は、通常トレーニングになります。

日曜日は体力テストを行いますので

休まないように参加してください。



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page