top of page

可能性を残す

川崎校(エッチェレンツァ)


今日のテーマは【方向転換】でした。

トラップと同時に身体を捻り、方向転換を行います。

トラップはサッカーの中で最も大事なスキルの1つで

海外の選手と、日本の選手の最も大きな差がある部分だと思います。


日本ではドリブルで相手を抜ける選手が良い選手とされますが

海外では止めて蹴れる選手がスキルのある選手とされ

パスやトラップに対しての『価値観』が日本とは異なります。

ドリブルが上手くなれば

ジュニア年代での試合では活躍できますが

レベルが上がれば上がる程

基礎(パス、トラップ)のスキルが問われるようになるので

子供の頃から基礎を叩き込む海外のやり方は

一握りの天才ではなく、多くの選手に可能性を残していると感じます。


僕は子供の頃に日本と海外、両方の育成を受けることができましたが

大袈裟ではなく、全く別競技をしているような感覚でした

求められること、良いプレーの基準、トレーニング方法

全てが日本とは違いました。


今日はトラップで相手を抜くというトレーニングに取り組みました。

プレスをかけてきている相手に対して、トラップで方向転換し抜き去る。

文にすると難しそうですが

サッカーでは良く使う技術です。



ただ、シュチュエーションというか

経験の浅い小学生に感覚を伝えるのが難しいので

イメージできるように状況を丁寧に説明しました。

技術がある選手が多いので

すぐに習得することができていましたね!


今日のMVPは、、、拓奨!!👏✨

トラップの質は小学生とは思えないレベルです👀

判断力も素晴らしく

ボールを奪えない選手に成長してきました😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page