厳しくする事で上手くなるとは思えない


【menu】

❶縄跳び→❷3vs1→❸4vs2→❹4vs4vs4→❺ゲーム

【keyfactor】

・パススピード

・サポートの位置


雨の影響でスリッピーなピッチで

ボールのスピードが上がる中でポゼッションを行いました。



濡れたピッチはパススピードをコントロールするのが難しいです。

落ち着いて相手の動きを見て

パススピードは上げずに逆を取ることでボールロストを減らします。



全体的にポゼッションが上手くなったと感じました。

でも、たまたま通ったパスがまだ多くて

明らかに読まれてしまっている蹴り方がまだあるので

読まれない蹴り方や

寄せられないポジショニングはもっとやる必要があります。



なんで今このトレーニングをやっているのか?

その意味を選手達が理解してきているように気がします。



威圧して厳しくする事で選手が本質的に上手くなるとは思えません。

一時的に上手くなったようには見えますが

その意味が伝わっていなければ

本当の意味で力になっていないので

その都度確認しながら

全員が共通の意識を持ってトレーニングできるのが理想です。



昨日出した作文ですが

殆どの選手がしっかりと書けていて良い意味で驚きました。

色んな発想があって

とても自由で

僕自身も学ぶものが沢山ありました。

これからもう1度じっくりと読み直してみます。

ご協力ありがとうございました!













ペルージャジャパン

河井コーチ

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon