top of page

南米系ドリブルの特徴



ラ・テクニカ(横浜)


今日のテーマは【ポールダンス】でした。

片足を地面につけ、もう一方の足は上げた状態で左右に振りながら相手を誘い

相手が食い付いた瞬間に一気に加速して抜き去るテクニックです。


昔、ロナウジーニョが得意としていた技で

今ではメッシやネイマールなど

南米系の選手が得意とするテクニックですね。


南米系の選手は相手を誘うのが上手くて

相手が足を出したのに素早く反応してボールを動かします。


この抜き方をされると

完全に抜き去られる可能性が高く

一方で抜く方は反応力が必要で

シザースやエラシコなど

自ら仕掛けるドリブルに比べて非常に難易度が高いです。


新年初めのトレーニングとなりました!

休みの間の話を沢山してくれて

充実した年末年始になったようですね😁

また少しずつ生活のリズムを戻していきましょう!


今日のMVPは、、、泰玄!!👏✨

ドリブルのタッチに成長を感じました👀

楽しんでプレーできていますね😄👍









ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

チャレンジとサポート

『駆け引き』をテーマにトレーニングを行いました。 数的優位のポゼッションで 相手の状況に合わせて サポートするのか それともチャレンジするのか 状況判断しながらボールを動かすトレーニングです。 数で勝っている状況なので 駆け引きで負けなければロストはないし 相手にダメージを与える脱出の仕方も作れます。 技術的な改善点はまだまだありますが 「サッカーを知る」と言う意味で 何が良いプレーで 何が良くな

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page