top of page

千葉印西校



9月から開校の千葉印西校の無料体験スクールを行いました。

最近はチーム活動のみで

久しぶりのスクールでのレッスンとなりました。

今日の参加者は1名でしたが

真剣にトレーニングと向き合ってくれて

とても有意義な時間を過ごすことができました。

15年前のスクール立ち上げの頃を思い出しました。

とにかく目の前のことに全力で

子供以上に自分自身がワクワクしていて

スクールの時間が楽しみで仕方なかったです。

立ち上げ当初

1人だったスクール生が

みるみる内に増えていき

気が付けば何百人ものスクール生が在籍する

大きな組織に成長しました。

カテゴリーは幼稚園児から社会人まで

エリアも兵庫、大阪、京都、徳島、宮崎、東京、神奈川と

どんどんと拡大していき

楽しくてワクワクしていた気持ちは

いつの間にか責任感に変わっていきました。


あれだけ楽しかったスクールだったのが

グラウンドに行くことが苦痛になり

逃げるように東京へ来ました。

関東でも育成という観点からは

全国優勝したフロンターレやアントラーズや

アルディージャ、ベルマーレに選手を輩出することができ

横浜のアカデミーは日産カップでベスト32に残るなど

一定の結果は出すことができましたが

集客という面では不運なことが続き

難しい時期を過ごしています。


今回、もう1度原点に戻ろうと

千葉でスクールを立ち上げました。


あれから15年経ちましたが

久しぶりにワクワクした気持ちでグラウンドに立つことができました。

千葉印西校、これから愛されるスクールにしていきますので

どうぞよろしくお願い致します!




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

思い込みの影響

千葉印西校。 『パスの質』をテーマにトレーニングを行いました。 A地点からB地点まで 同じパスでもスピードが違えば到達時間が変わります。 当然速い方が相手に奪われにくいのですが 速いボールはコントロールが難しくなります。 「失敗しないように」というネガティブな意識があると 丁寧に蹴ってしまいがちです。 子供達は本来、素晴らしい創造性を持ち合わせていて 非常にポジティブな生き物です。 それが大人にな

脳を錯覚させる

千葉印西校。 先週に引き続き シュートをテーマにトレーニングしました。 シュートは教えることが非常に難しい分野の1つで これだけやったらできるようになるという分量は存在しません。 感覚的な部分も多く できるまで(感覚を掴むまで)やり続ける そういった想い続けるという姿勢が大切になってきます。 シュートに限らずですが 技術の習得にはどれだけ熱量を持ってアプローチできるかがとても重要な要素となります。

댓글


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page