top of page

勝つのは上手い選手ではなく強い選手



フィジカルトレーニングを行いました。

クロスフィットにサッカーの要素を融合させ

サッカーの試合で起こり得る状況を想定してオーガナイズしました。



Tre①の2人1組での基礎とフィジカルを組み合わせたトレーニングは

強度が高く最後までスピードが落ちない選手が少なかったです。



前回の試合では詠心のフィジカルの強さと、蒼のスピード

拓奨の試合数や時間帯がプレーに影響のしない体力

フィジカルクラスに通っている3人は明らかに違いを見せていました。


フィジカルトレーニングに対しては

特別な思い、自信を持った考えがあり

これからのペルージャジャパンにとって

スクール生、アカデミー生にとって

何か特別な影響を与えることができる項目だと思っています。



まだやりたいことの半分くらいしかできていませんが

ここからもっと「いい感じ。強くなってる」といった抽象的な説明ではなくて

もっと多くのデータや科学的な根拠を取り入れ

全ての選手が確実に能力アップできて

それが説明できるようになるまでにしていきます。


世界と日本のサッカーで、最も差を感じるのがフィジカルの違いで

それに対抗すべきはテクニックだというのが圧倒的マジョリティーな考えですが

本当にそうでしょうか?



テクニックの定義を、足元の上手さとして

もしテクニックで勝てるのであれば

日本はとっくにワールドカップを優勝しているし

日本人の子供達は世界一テクニックを持っています。



でも、残念ながらそうではありません。

問題はもっと根本的なところにあるのではないでしょうか。

「速く走る」

「長く走る」

「高く飛ぶ」

「当たり負けしない」

「バランスを崩さない」

「俊敏生を持つ」

など、根本的な運動能力を上げることが大事で

最終的に残っていく選手は上手い選手ではなく強い選手です。







ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page