top of page

別の選手が入ったかのよう

U12はトレーニングマッチでした。


立ち上がりから自陣でのディフェンで


・ビルドアップに幅がないこと

・対人での弱さ

この2つに問題があり

全体的にゲームをコントロールできているものの

簡単に失点を許してしまうという展開でした。

2本目からは岳のプレーに勇気が戻り

積極的なプレスで真ん中で奪えるシーンが増えました。

前は瑛大が最後までしっかりとプレスをかけ続けれてことで

何度も狙った形でボールを奪うことができました。

瑛大は点を取れるだけではなく

ディフェンス面でもチームへの貢献度が高いのが特徴ですね。

最後まで走り切る体力もあるので

チームでの存在感が増しています。

蒼(水)はこの試合で何度も素晴らしい突破があり

チームの得点の殆どにに絡む活躍でした。


今の蒼(水)には

何かしてくれる期待感がありますね。

自分で磨いた独特なドリブルは

見ていてワクワクします。

クロスの精度もどんどん上がってきて

得点に繋がるプレーが増えてきました。

オフェンス面、そして半分より前でのディフェンスに関しては

今回はとても良い内容だったと思います。

自陣でのビルドアップとディフェンス、セットプレーに関しては課題がありました。

今日は参加人数が少なかったので

人を変えることでの修正ができない状況だったので

全て同じメンバーで戦いましたが

試合の中で選手個人での成長が感じられて

同じメンバーですが別の選手が入ったかのようで

尻上がりにチームが良くなっていきました。

収穫のある試合となりましたね。


来週は土日とも試合を予定しているので

今日の内容を踏まえて更に良い試合ができるように頑張りましょう。

保護者の皆様、本日も温かい応援ありがとうございました。





ペルージャジャパン

河井


閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page