top of page

何かを達成すること

更新日:2022年6月23日

新木場校(エンジョイクラス)


今日のテーマは【パスコースに入る】でした。

パスを受ける為に、相手の届かないパスコースに動くトレーニングです。



アップのリフティングでは

先週、先々週と比べて

ショウタロウが上手くなっていました👏

リフティングはやるかやらないかなので

一生懸命にトレーニングすれば、必ずできるようになります。


このクラスのスクール生は

楽しむことが得意です。

一方で、何かを達成することへの執着というか

真剣に1つのことに向き合うことが苦手な面もあります。


一生懸命に何かに取り組み、達成することの大切さを

サッカーを通じて伝えたいと思っています。



勉強でも、サッカーでも、その他の何でも良いのですが

「自分は頑張った」と胸をはれるくらい

一生懸命に向き合うことが

自己肯定感の強さに繋がっていきます。


少年時代に、称賛された経験があるか、ないか。

それによって、今後の人生に大きく変えることになると思うので

何に対しても一生懸命に頑張って

その中で達成できることがあれば最高ですね!

例え上手くいかなくても

頑張る癖をつけることはとても良いことです👍

「できないことができるようになる」

このスクール生達にそんな体験をいっぱいして欲しいと思っています。

リフティングのような、小さいなことでも良いので

課題をクリアする楽しさを知れば

もっともっと頑張れるようになるはずです!



まずは10回☝️

そこを目指して頑張ってみましょう!!


今日のMVPは、、、ショウタロウ!!👏✨

努力した成果が出せました👀

もっともっと練習して、10回を目指しましょう😁👍




ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page