top of page

伸び代しかない



U8、U11ともにトレーニングマッチに参加しました。


U8は観に行けなかったのですが

担当コーチよりとても楽しんでプレーできていたと聞きました。


U8の選手達も最近少しずつ

トレーニングへの取り組み方が良くなっていて

基礎のレベルも上がってきています。

明日、選手達から話を聞くのを楽しみにしています😄

U11は、体格差とスピードで上回る相手に

最初は中々対応することができませんでした。


U10とやる時よりも、シュートエリアが広く

U11になると、U10ではなかった位置からも良いシュートが打てるので

ディフェンス面では2列目(中盤)が下がり過ぎないよう

ポジションの修正を行いました。

相手の技術が高く、現段階では仕方のないゴールもありましたが

2試合目以降は修正できた面もあり

こちらのミスで失点を奪われる場面は減りました。

攻撃面では、2列目が低いことで

センターフォワードが孤立してしまっていたので

サイドハーフが高い位置を取って

どんどん仕掛けていくように伝えました。


綾太やクリスティアーノ、悠生が

裏を積極的に狙ったことで

コーナ付近まで侵入でき

尚志がフリーになれる局面を作れて

良い形でシュートまでいけるシーンが増えました。

フィニッシュの精度の差で

試合を失ってしまいましたが

悠生が勇気を持ってプレーできたこと

雅斗がボールを前に運べるようになったこと

風佳は以前よりパスを繋げるようになりました。

帰り際、瑛大が悔しそうにしていたり

強い相手に対しても、「自分が出たい!!」と全員がアピールしてきたこと

今回の試合は伸び代しか感じないポジティブなものになりました。


選手達は非常によく頑張りました。

もっと良い試合ができるはずなので

これから撮影して頂いた映像を観て

選手達にフィードバックし、次に繋げていきたいと思います。

本日も遠くまでご参加頂きありがとうございました!




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page