top of page

会話無き会話

映像分析を試合の前に行いました。

落ち着いた状態で映像を観ながら、繰り返し振り返ることで

選手達の理解度が大きく変わります。

今日はチームとして下記の2点の課題を出しました。


①相手のゴールキック時のマークの仕方

②コーチング


①はサイドの選手をタイトにマークし、中央の選手は意図的にマークを緩くして

ゴールキックを中央に蹴れせるという戦術でした。

試合の中で何度も成功し、真ん中で奪うことでシュートに直結する場面が作れました。


②は選手達の理解度を確認することと、自分で判断できるようにする為に

今日はあえて「コーチが声を出す場面を少なくする」というものでした。

想像以上にみんなが「切替え!」「マークの付き方!」「ドンマイ!」「仕掛けろ!」

など、ピッチ内外問わずよく声が出せていたし、的確な指示が殆どでした。


コーチはこれまでベンチから常に指示を出すことを続けてきましたが

もっと選手達を信じて、自由にプレーさせるフェーズにきたと感じました。


自由な発想はコーチの想像以上の判断もあったり

これまで気がつかなかった「なるほど」と思う場面も発見できて

声は出さなくてもすごく会話した気持ちになりました。


あとは、シュートへの意識も高まってきています。

これまではビルドアップを徹底してきましたが

ビルドアップが成功する場面が多くなってきたので

昨日からフィニッシュに取り掛かっっています。

昨日の今日なので、そんなに変わらないと思っていましたが

子供達は本当に吸収が早く、意識だけはしっかりと伝わっており

今日はいつも以上のシュート本数が打てました。


参加した全員が良いプレーができておりましたので

また試合の話を聞いてあげてください。

では、良い週末を。










ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page