top of page

会話無き会話

映像分析を試合の前に行いました。

落ち着いた状態で映像を観ながら、繰り返し振り返ることで

選手達の理解度が大きく変わります。

今日はチームとして下記の2点の課題を出しました。


①相手のゴールキック時のマークの仕方

②コーチング


①はサイドの選手をタイトにマークし、中央の選手は意図的にマークを緩くして

ゴールキックを中央に蹴れせるという戦術でした。

試合の中で何度も成功し、真ん中で奪うことでシュートに直結する場面が作れました。


②は選手達の理解度を確認することと、自分で判断できるようにする為に

今日はあえて「コーチが声を出す場面を少なくする」というものでした。

想像以上にみんなが「切替え!」「マークの付き方!」「ドンマイ!」「仕掛けろ!」

など、ピッチ内外問わずよく声が出せていたし、的確な指示が殆どでした。


コーチはこれまでベンチから常に指示を出すことを続けてきましたが

もっと選手達を信じて、自由にプレーさせるフェーズにきたと感じました。


自由な発想はコーチの想像以上の判断もあったり

これまで気がつかなかった「なるほど」と思う場面も発見できて

声は出さなくてもすごく会話した気持ちになりました。


あとは、シュートへの意識も高まってきています。

これまではビルドアップを徹底してきましたが

ビルドアップが成功する場面が多くなってきたので

昨日からフィニッシュに取り掛かっっています。

昨日の今日なので、そんなに変わらないと思っていましたが

子供達は本当に吸収が早く、意識だけはしっかりと伝わっており

今日はいつも以上のシュート本数が打てました。


参加した全員が良いプレーができておりましたので

また試合の話を聞いてあげてください。

では、良い週末を。










ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page