top of page

今ではない



 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷ポゼッション(ダイレクト)→❸1vs1+サーバー→❹2vs1+1→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・ダイレクトプレー

・裏を取る

・ポジショニング

 


大会前最後のトレーニングでした。


サイドの選手のトラップの位置

ダイレクトプレー

裏を優先すること

センターでの崩し方

今、必要なことを全て行いました。



トレーニングの中で、U11の選手達が揉めて進まない場面がありました。

どちらも間違っていない

ボタンのかけ違いみたいな問題でしたが

お互い譲らず、不毛な時間となりました。



これがもし試合だったら?

試合中に意見が違うこともあるし

イレギュラーなことが連続する中で

すぐに全員が同じ方向に向かって進まないと

一瞬で崩されてしまいます。



自分以外の誰かが間違っていたとしても

とりあえず意見を合わせて動くことも場合によっては必要で

考えはその後にいくらでも話せばいいことです。

今(試合中、トレーニング中)ではない。



こんなこと滅多にないので

それが今日で良かったと思います。


低学年の選手達は、スキル面でも、精神面でも

日に日に成長が見えるようになってきました。



みんな個性が強くて、まとめるのが大変ですが

素晴らしい先輩とトレーニングできることは

彼らにとって良い影響を与えています。


まだ、チームという感じはこれからですが

とても面白いチームになっていくと感じます。

明日はU11は大会、U8はトレーニングとなります。

お互い、充実した日になるようにしましょう!




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

コメント


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page