top of page

中距離のグラウンダーパス

横浜校(プリマ)


今日のテーマは【くさび】でした。

くさびからシュートを打つトレーニングです。



くさびとは、ものをつなぎとめて固定する際に使用する道具のことで

サッカーの場合は前線の選手に出す縦パスのことを指します。

くさびのパスを入れることによって

攻撃の起点を作ることができ

相手の守備陣形を崩せます。



ジュニア年代では広いスペースに逃げるか

ドリブルで突破するか

その2択の傾向にあり

あえて狭いスペースにボールを置くくさびは

あまり使われることがありません。


くさびを入れる為には

ズレのない速い中距離のグラウンダーパスが出せる選手

相手を背負ってキープができる選手が前線に必要です。



少しでもパスがズレてしまうと

相手にマークされていることが多いので

ボールロストに繋がり

キープができないと

いくら良いパスが入っても

相手にボールを奪われてしまいます。


難しいトレーニングでしたが

意図を理解して狙いがわかる内容でした。


今日のMVPは、、、雅斗!!👏✨

トラップ、キック

基礎のれべるが上がっています👀

どんどん頼もしくなってきましたね😁👍



ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page