top of page

ロスト0を目指す



トレーニングマッチを行いました。

1、2試合目はビルドアップが上手くいき

イニシアチブが取れて内容のあるゲーム展開でした。


3試合目以降は以下の2点の改善点が見られました。


①センターハーフの選手が前を向いてドリブルを仕掛けてボールロスト

②サイドハーフの選手からセンターハーフへのパスをカットされる


この2つは直接失点に繋がるミスです。

少し緊張感がなくなって、軽率な判断からのロストが多かったです。


しかし、全体的にデュエルへの意識も高まっていますし

ビルドアップの精度も上がっています。

雅斗や風佳は基礎の部分でポジティブなプレーが多く見られました。


蒼は求めていた変化はありませんでしたが

トライしようという姿勢はすごく感じれるし

今後に期待が持てる内容でした。


拓奨がセンターにポジションを取ると安定感があり

スムーズな展開ができています。

シュートへの意識もたいぶ高まってきています。


今日も全ての選手が色んなポジションを試しましたが

拓奨以外の選手がセンターになった時も、同様の安定感が必要だと感じます。

それぞれの良さはあって、随所で感じられるので

個性を活かすことは続けながら

センターでプレーする時は自陣ではロスト0を目指しましょう。


本日は大幅に終了時間が遅くなりまして大変失礼致しました。

いつも選手達の送り迎えをして頂きまして心から感謝しております。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。








ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page