ロスト0を目指す



トレーニングマッチを行いました。

1、2試合目はビルドアップが上手くいき

イニシアチブが取れて内容のあるゲーム展開でした。


3試合目以降は以下の2点の改善点が見られました。


①センターハーフの選手が前を向いてドリブルを仕掛けてボールロスト

②サイドハーフの選手からセンターハーフへのパスをカットされる


この2つは直接失点に繋がるミスです。

少し緊張感がなくなって、軽率な判断からのロストが多かったです。


しかし、全体的にデュエルへの意識も高まっていますし

ビルドアップの精度も上がっています。

雅斗や風佳は基礎の部分でポジティブなプレーが多く見られました。


蒼は求めていた変化はありませんでしたが

トライしようという姿勢はすごく感じれるし

今後に期待が持てる内容でした。


拓奨がセンターにポジションを取ると安定感があり

スムーズな展開ができています。

シュートへの意識もたいぶ高まってきています。


今日も全ての選手が色んなポジションを試しましたが

拓奨以外の選手がセンターになった時も、同様の安定感が必要だと感じます。

それぞれの良さはあって、随所で感じられるので

個性を活かすことは続けながら

センターでプレーする時は自陣ではロスト0を目指しましょう。


本日は大幅に終了時間が遅くなりまして大変失礼致しました。

いつも選手達の送り迎えをして頂きまして心から感謝しております。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。








ペルージャジャパン

河井コーチ

50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon