top of page

ルールの中に出入りする



新城SCとトレーニングマッチを行いました。

ワイドに開いた選手から攻撃をスタートするのではなく

今回はトップの選手からサイドの選手に展開するパターンを試しました。



タツミが上手くボールを受けてサイドの選手にポストプレーできて

今までにないバリイエーションが試せたかと思います。



アオイはグループAに入って初めてプレーしましたが

攻撃の時は判断が良く

ディフェンス面でもカバーリングができていました。



まだまだレベル差はありますが

全体的に底上げが少しだけできてきた印象です。

まだ技術面でも精神面でも選手によって段階が違いますが

1人、また1人と、良い方向に引っ張られる選手が増えてきています。



試合の後は全員で基礎トレーニングとゲームを行いました。

止める、蹴る、運ぶといった技術は

ペルージャのように組み立てていくスタイルのチームには正確さが必要です。

このような基礎トレーニングは今後継続して時間を作っていきたいと思います。



ゲームでは細かな指示は出さずにある程度選手達に自由にプレーさせました。

自由にプレーさせるとシンタやタツミは強いですね。

育成する為にルールを設けて縛ることも当然大事なことではありますが

今日のように自由な発想でストレスなくプレーさせる時間も絶対に必要です。

両方をバランスよく使い分けて

ルールの中に出入りできる

自ら考えてプレーできるクリエイティブな選手を育てていきたいと思います。












ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

コメント


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page