ルールの中に出入りする



新城SCとトレーニングマッチを行いました。

ワイドに開いた選手から攻撃をスタートするのではなく

今回はトップの選手からサイドの選手に展開するパターンを試しました。



タツミが上手くボールを受けてサイドの選手にポストプレーできて

今までにないバリイエーションが試せたかと思います。



アオイはグループAに入って初めてプレーしましたが

攻撃の時は判断が良く

ディフェンス面でもカバーリングができていました。



まだまだレベル差はありますが

全体的に底上げが少しだけできてきた印象です。

まだ技術面でも精神面でも選手によって段階が違いますが

1人、また1人と、良い方向に引っ張られる選手が増えてきています。



試合の後は全員で基礎トレーニングとゲームを行いました。

止める、蹴る、運ぶといった技術は

ペルージャのように組み立てていくスタイルのチームには正確さが必要です。

このような基礎トレーニングは今後継続して時間を作っていきたいと思います。



ゲームでは細かな指示は出さずにある程度選手達に自由にプレーさせました。

自由にプレーさせるとシンタやタツミは強いですね。

育成する為にルールを設けて縛ることも当然大事なことではありますが

今日のように自由な発想でストレスなくプレーさせる時間も絶対に必要です。

両方をバランスよく使い分けて

ルールの中に出入りできる

自ら考えてプレーできるクリエイティブな選手を育てていきたいと思います。












ペルージャジャパン

河井コーチ

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon