ルーズボールを引き寄せる



フィジカルトレーニングをメインの日でした。

先週のトレーニングマッチでフィジカル的な部分での改善が見つかったので

まずは球際での強さや、相手と戦う気持ちの重要性など

意識を変えるように選手達に伝えました。



フィジカルトレーニングも常にイメージして行うようにします。

心拍数の上がった状態で

あと1歩足がでるように

あと1m前に進めるように



その気持ちがルーズボールを自分に引き寄せます。

説明が難しい部分で

あまり気持ちがとか

根性がとかは言いたくないのですが

サッカーをする上で大切なことです。



最後に勝つのはその熱量を持った選手です。

アカデミーの選手達もそろそろこの領域に踏み込んでもいい時期かもしれません。



今週末は久しぶりに8人制の試合もあるので

全員で充実した内容のサッカーができるようにしましょう!












ペルージャジャパン

河井コーチ

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon