top of page

リーダー像



 

【menu】

❶3vs1→❷5vs3→❸シュート練習→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・基礎のベースアップ

・シュートを打つ時のマインド

 

全てボールを使ったトレーニングを行いました。

ポゼッションの感覚もだいぶ戻ってきて

良い動かし方ができています。


自分達が「どうしたいか」ではなく

相手や状況に応じて「どうするか」を判断基準にプレーするように伝えています。


昨日のトレーニングで上がった「全員がリーダシップを持つ」という課題にも

意識的に取り組むようにしています。


拓奨のリーダー像と綾太のリーダー像は違うし

みんなが同じリーダーシップを取るのではなく

それぞれが「良いと思う」リーダー像を考えて

自分がチームを引っ張ることを責任を持って取り組んでほしいと考えてます。


それは上手いとか、上手くないは関係なく

試合に出ていなくてもチームの士気を上げることはできるし

常にチームを、仲間を盛り上げ助けられる人間であって欲しいと思います。


僕は誰1人見捨てないし、全員がそれぞれの望む方向へ

全力でサポートすることが自分の役割です。

彼らが大人になっていく過程で

自己肯定感を高く持ち、自己犠牲の精神を知り

誰からも信頼され、誰からも応援される人間になってほしいと思います。


昨日話したことが、今日は少し伝わったのか

良い雰囲気でトレーニングを進めることができました。

明日は大会で勝つことができなかったキートスとトレーニングマッチです。


欠席が多く、ベストな状態ではありませんが

逆に試合に多く出れるチャンスなので

良いプレーをして良い内容の試合にしましょう!






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page